借金問題の裏側

闇金ってどうなの?

闇金は犯罪です

と、

「闇金ウシジマくん」で、言ってくれてはいますが、
高齢者を狙ったオレオレ詐欺にひっかかる人同様に、
闇金で借りる人、
被害にあう人はまだまだいるようです。

今回は、闇金に借りてしまった場合、
どうすればいいのか、
闇金問題の解決などを解説します。

闇金そのものが無効

結論から言いますと、
闇金は犯罪だから無効なので、
原則、
闇金で借りたお金は、返す必要はありません。

「え!?」

「マジですか?」

はい。マジです。

なぜならば、

闇金の金利は、一昔前の出資法の上限金利
29.2%を超えている場合があります。

現在、法改正により、
出資法上限金利20%に引き下げられました。
この金利は利息制限法の上限と同じになります。

よって、20%を超える利息は法律違反になり、
この出資法違反は刑事罰の対象になるわけ。

ですので犯罪になるという理屈です。

そして
出資法に違反していますから、
その貸し出しする行為自体が、
違反だから無効となるわけです。

無効な契約⇒最初から契約は無かった。

ということです。


ちなみに闇金は、
基本、脅すような形で
お金を取ろうとしていますから、
この時点においても恐喝罪が成立します。

よって、
「出資法違反、恐喝罪で刑事告訴」ができることになります。

だから闇金から借りてしまったお金は返す必要はない

 

民法という法律のこんな条文があります。

「民法90条(公序良俗)
公の秩序 又は善良の風俗に反する事項を目的とする法律行為は、無効とする」

※公序良俗(こうじょりょうぞく)
公(おおやけ)の秩序(社会において、ものごとの正しい道)

および、善良な風俗(社会で、一人一人が守るべき基準、しきたり)

法律行為(金の貸し借り契約)の、
目的(闇金は法外な金利を脅し取ること)が、
反社会性を帯びるときには、その効力を無効とする。

というわけなので、

闇金は不法な行為をしているため、
借りたお金を返す必要はありません。

債務者の逆襲!?払ってしまった金返せと言える

もし、
闇金に支払ったお金がある場合には、
「不当利得だ!」と言って、
金返せ!!と、逆に請求することも可能なのです。

なぜかというと、

また、民法の条文に

「民法703条(不当利得の返還義務)
法律上の原因なく他人の財産又は労務によって利益を受け、
その為に他人に損失を及ぼした者は、
その利益の存する限度において、これを返還する義務を負う」

と、あるのですが、

つまり、
法律上無効なお金のやり取りがあった。
無効(最初からなにもない状態)なところに、
法律の原因が無いのに、
利息という名目でお金を受けているから、
返せと言えるのです。

ただの詐欺師と変わらない

つきつめると、闇金の正体は、
詐欺師と何ら変わりありません。

通常、法律にあまり詳しくないであろうと思われる
一般人を騙して、
お金をとってやろうとしているだけ。

一般人をナメていますよね?

世間では、
闇金、闇金被害と騒がれていますが、
単なる詐欺被害と一緒。

オレオレ詐欺と同じたぐいです。

要するに
借りたお金は返さないといけないという、
一般常識というか、道徳心を悪用した詐欺。

良い人、普通の人ほどだまされやすい・・・^^;

それでも闇金、詐欺ははびこる

もちろん、
人を騙す方が、ハッキリ言って悪いし、
このことには間違いはありません。

ただ、現実問題、事実として、
だまされる人間がいるから、いつまでたっても、
詐欺という犯罪はなくなりません。

人をだましてやろうとする人の心は、
もちろん酷いです。

だけど、だまされる人間そのものが、
詐欺師をリアルに生み出している原因になっている。
と、ものすごく感じますね。

だって、
「闇金やオレオレ詐欺なんかには、もう誰もひっかからないよー。」
という人間が多くなれば、

はいっきり言って詐欺集団も儲からない。
商売あがったりで、
逆に損しますよね。

騙される人が存在する限り、
騙す人も出てくるのが世の常です。
この二者が揃わないことには詐欺自体の存在もありませんから(苦笑)

だから、
私達一人一人が、
常に自身のセキュリティレベルを上げて、
意識していく。

そんな心がけが非常に大事になりますね。

おまけ

取り立て時間について(貸金マメ知識)

貸金業規制法で決められている取り立て時間ではない
変な時間に電話がかかってきたり、
自宅に取り立てに来るのは禁止されています。


借金を返せとの電話などの
取り立ての時間は
朝、午前8時から夜の午後9時までです。