お金がない病を治す

“お金がない”と、よく言う人には近づくな

お金がないとよく言う人には近づくな

“お金がない”と口癖のようによく言う人とは・・・

別になにも聞いてもないのに

何かの拍子に
「お金がない」と言う人。

本当にお金に困窮していて

経済的に苦しい人が
何かを打ち明ける時に言う分ならわかりますが、

それとは別で、

口癖なのか、
「お金がない」って、
妙に会話の中で言う人ってあなたの周りにいませんか?

会話、言葉の端々で「お金がない」と発言する人。

そのような人とは、
今後あまり深くお付き合いしない方がいいですよ。

なぜならば、

こういうタイプの人の根底には、

ズバリ「感謝」の気持ちが無い。

または、感謝が沸きにくい傾向にあるから。

つまり、

今、現在持っている「お金」対して
全くもって感謝する事ができていないという証拠。

お金の量そのものが多かろうが少なかろが、

借金やなんやかんやで、
身ぐるみを根こそぎ剥がれてしまわない限り、

ある程度のお金は皆持っているはずですよね。

最低限でも食べて生きているはずですよね。

お金がないないと、口癖で言う人って、

裏を返せば
その、手元に「あるお金」に対して
あろうことか愚痴や不平不満を言っているのと、
同じなんですよ。

手元に「あるお金」に対して

これでは少なすぎる。
こんなんじゃあ足りないんじゃー!

と、

そのような気持ちが強すぎるんです。

こんなタイプの人に限って、
もしたとえ多額のお金を手に入れても、
本当に心が満たされることはないでしょう。

お金がないって言語は
不平不満を吐いているのと一緒なので、
誰だって会話の中で、
そんなセリフは聞きたくないんですよ。

もちろん、

たまぁーの、ちょこっと程度ならば、
相手との関係性によっては許されます。

人間だから、
不平不満、愚痴を言うのも
たまにはいいんです。

毒を吐くことでスッキリして、
それが、
次からの改善へと行動するためのバネになるならば。

ただ、一般的にはそんな人の
不平不満って聞かされる方は、
たまったもんじゃあないし、
迷惑なんですよね(苦笑)

個人的には
大好きなお金の悪口を聞かされているような
気さえする時もあります。

誰だって自分の好きな人や物の悪口って
聞きたくありませんよね。

やたら「お金がない」と言ってしまう口癖の人は
もっとツっこんでみると、
そのように聞かされる相手に対する
配慮すらも欠けている気がします。

感謝がない上に依存傾向が強いのってどうよ?

「お金がない」という言葉をやたら口にする人は、
人に対してや、自分以外の何かに
依存する気持ちが強いという傾向もちらほらみられますね。

「自分はめぐまれていない」
「可哀想なのよ」ということをアピールしたいのでしょうか・・・

そして、他人から「大変ね~と」同情してもらったり、
あわよくば助けてもらえたらと考えているのかもしれない。

だいたい気心の知れた友人に対しては、
日常的に「お金がない」と言い続けるんです。

これがどんどんエスカレートすると、
友人だけでなく、
彼氏や彼女などの恋人にも「お金がない」ということをアピールする。

愛人関係の場合は、
そこで生活費などお手当てなんかももらえるのでしょうけどぉ、

金銭目的を意図的にやるのは、
まぁ、その人の勝手ですし、
ある意味では
ビジネス的なたくらみもあるのかもしれません(笑)

ただ、意図的でもなく、
本当に天然で「お金がない」を口にして、
誰かに助けてもらうことが習慣化してしまうようになると、

いざ一人になった時、

経済的な自立ができない
人間になってしまう可能性もはらんでいます。

「お金がない」という口癖の弊害が怖い

本当に「お金がない」
スッカラカンの場合ならともかく、

実際は
たとえ少なくともあるのに

そんな「ない」「ない」言葉を
あまりにも頻繁に言い続けていると、

リアルで
本当にお金が離れていってしまうという
現象が起きることすらありえますよ。

なんだかスピリチュアルみたいな
話しになってしまいますが、

今あるお金に対して感謝しないわけだから、
お金もそんな人のそばに行きたいとは思わないんです。

また、スピリチュアルとは別に、
これは脳科学だとか
アインシュタインの相対性理論
エネルギーの法則なんかでも言われてます。

自分が出したもの(エネルギー)が、
そのまま返ってくるという。

言葉を発するって、エネルギーなんですよ。

ほしいものや、
なりたいカタチなど、
実際に具体的に思い描いたり、

日ごろから良いことを考えていると、
脳からの電気信号で、
自分にとって良い現象が起こったりします。

※ポジティヴシンキングが良いと
言っているのではなく、

事実として、
自分が思っていること、
考えていることが
リアルに起こることがありますから、

どうせ起こるなら
良いことの方がいいですよねって
いう意味です。

要するに、
「お金がない」と日ごろから、
意図や心理はともかく、
そんなことをたくさん言っていると、

シナプスだとかニューロンなどの
専門的な細かい説明は省きますが

ざっくり説明すると、

脳が、

「そうかなるほど。
言っている本人は「ない」を望んでいるんだ。」


認識してしまい

本当に「ない」状態を
実現してくれてしまうのです。(怖っ)

豊かになるためには

日常的に言ってしまっている口癖を直すのは大変ですが、

経済的に豊かに
余裕を持った生き方をするためにも

「お金がない」という口癖は
本当に直した方がいい。

豊かになりたいのであれば。
これは必須です。

事実まったくゼロではないでしょ。

財布の中には1円でもあれば、
お金がないでなく、

「ある」のだから。

物を買ったり
何かするためのお金がない場合は、
お金がないではなく、
物理的に単に手持ちのお金が足りないというだけですよね。

「今は足りない~」っていうのは、
まぁ、日常茶飯事ではありますがね(苦笑)

お金とは相思相愛

エライ細かい事を言うなと、
思われるでしょうが、

あるのに、ないって言ってると、
本当にお金に嫌われますよ。

お金の気持ちを想像してみて。

もしあなたが、そのお金だったら!?
人間だったら、
その存在を無視されてるのと同じではないですか?

自分を無視するような人なんか
嫌になりますよね。

逆に、自分の存在を認識して
かつ存在に感謝してくれる人のことを
当たり前のように好きになりませんか?

お金もそれと一緒なんです。

人生において
切っても切れないお金との関係。

お金とは
相思相愛の関係になっておくのがいい。

まとめ

豊かになりたければ、

・「お金がない」が口癖の人とは付き合わない。
・金額は関係なく、今あるお金に感謝する。
・たとえ借金があっても、返済していけるお金があるなら、
これは無いとは言えない。