知らないと損するお金の話

コロナでもらえるお金の話(個人給付金・生活支援)

コロナ騒動で経済的ダメージの中、緊急経済対策として、
支援が何かとあります。
知らないと本当に損ですので、活用していきましょう。

個人が受けられる生活支援給付金

住民一人に一律10万円の給付

10万円の現金を住民皆に給付するという制度。
これは、所得に関係なく、
コロナで経済の損失があってもなくても、一律で給付されます。

もらえる人(給付権者:給付を受ける権利のある人)

2020年4月27日の時点で住民基本台帳に載っている人なら
年齢関係なく全員が対象

もらい方:世帯主が代表で申し込む

各世帯の、世帯主が代表して、
家族全員の給付金をくださいとまとめて申込み、
申請する方法になります。

申込み申請方法:郵送でもらう(郵送申請方式)

申込み方法は2種類です。
①郵送(郵送申請方式)
②オンライン(オンライン申請方式マイナンバーカード所持者が対象)

郵送(郵送申請方式)でもらう

市区町村から届く申請書に振込口座を記入し、
振込先口座の確認書類と、
本人確認物(免許証など)の写しを添付して市区町村に郵送する。
(申請書には、住民票基本台帳に基づいた世帯全員の名前が記載されています)

申込み申請方法:オンラインでもらう(オンライン申請方式)

オンライン申請が出来るのは、
マイナンバーカードを持っている人です。
(マイナンバーが書いている通知書ではなく、プラスチック製のカードの方です)
マイナンバーマイナポータル
から振込先の口座情報や、振込口座の確認物をアップロードして申請します。
つまり、電子申請ということです。
この場合は、すでにマイナンバーでの本人確認は認証されているので、
本人確認物は他に必要はないですし、ポストに行かなくても済むのがメリットです。

10万円の給付は申込期限があるのに注意

申込み申請の受付はまだ始まっていませんが、
各市区町村が決めるということです。
2020年5月入ってから順次という形になるようです。

ただし、
申請受付が開始されてから、3か月以内に申請しないと
もらえませんので注意してください。

子育て世帯への特別給付金

児童手当が増える臨時特別給付金

コロナの緊急経済対策として、
児童手当が上乗せされて支給されるというものです。
2020年の6月に1万円が上乗せ加算されて支給される予定。
※上乗せは、一か月だけに限るので注意。

国の補正予算が成立したら、
具体的な支給月が確定されるでしょう。

加算にあたっては、
手続きする必要はありません。

もらえる人:児童手当一人1万~1万5千円の本則給付支給を受けている人

令和2年4月分の児童手当の支給を受けている人
と、令和2年3月まで中学生だった子の児童手当の支給を受けていた人が対象。

年収が高い方、児童手当が月5000円(特例給付)の人は、
対象になっていません。

コロナで個人がもらえるお金・まとめ

日本における行政機関は、原則申請主義です。
つまり、
自らが、「ください」と手を伸ばす必要があります。

生活のため、
もらえるお金はきちんともらうべきでしょう。
申込み開始から受付の期限もありますので、
最新情報を常に確認していってください。

ブログには書けない話を公開中

ブログには書けない話を公開中
【公式メルマガ】かねかし通信 無料登録フォーム
メルマガかねかし通信

ブラックからホワイトまで!?

お金に関するアドバイザリー業務をしていると、
ブログでは公開しにくい話がたくさんあります。

しかし、そんな内容こそが、
リアルに本質をついていて面白かったり、
ものすごく役に立ったり、
今まさに悩んでいる問題など、
現状突破へのヒントが詰まっていたりするものです。

そこで、
ブログでは書けない内容も気軽にシェアできるように、
メルマガ発行をすることにしました。

ブログと重複するものも中には含まれるでしょうが、
ブログでは書かないようなネタも配信していきます。

配信は不定期ですが、タイムリーな情報も多いため
メルマガ購読されることをオススメします。

これから資産運用やお金のことを学びたい
本物の情報を手に入れたい
とりあえずヒマだから登録してみるか

こんな方向けに配信していきます。

このブログを読んでもらって面白い、
役に立った、もっと知りたい等。
少しでも感じていただけた方なら
楽しめるメルマガとなっています。

メルマガ登録者限定の特典なども配布してますので、
ぜひお気軽に登録いただければ幸いです。

メールマガジン登録はこちら