ビジネス

副業でも本業でも稼げる人と稼げない人の格差・資本主義社会における4つのフィールド4つの心構え

お金という“ものさし”で考えた時に4つのフィールド(領域)がある

お金の稼ぎ方について。

資本主義社会において、
稼ぐ方法には4つのフィールドがあります。

有名なので最初に思いつくのが、
4つのクワドラントという考え方があります。

ちなみに4つのクワドラントとは
ロバートキヨサキ氏の著書
「金持ち父さん貧乏父さん」の中で述べられている
4つのクワドラント(E・S・B・I)のことなのですが、

これはキャッシュフロー・クワドラントとも言って
お金が入ってくる流れのことです。

世の中でお金を稼ぐ方法というのは
この4つしかないよ
という話はあまりにも有名ですよね。

その4つのクワドラントについては、
以下のとおり。

E Employee(従業員)

時間を売って収入を得る

S Self Employee(自営業者)

能力によって収入を得る

B Business Owner(ビジネスオーナー)

システムによってお金を生み出す

I Investor(投資家)

お金によってお金を生み出す

このように分類されます。

そして、
自分がどのクワドラントで生きていきたいかを
考えるかと思うのですが、

実は、
これから話す「4つのフィールド」については、
この4つのクワドラントの話と似ていますが、
ちょっと違う話になります。

どんな話かというと、
たとえ、
どのクワドラントになろうとも、

その中でも、

たくさんお金を稼ぐ人もいれば、
そうでない人もいますよね。

例えば、
IのInvestor(投資家)であっても、
成功して巨万の富を得る人もいれば、
失敗して負債を負い、
借金まみれの人もいる。

同じ会社のEmployee(従業員)でも
なにかしら給料に格差があるように、

どのクワドラントでも、
その中には当たり前のように格差があります。

大きく富を得る人もいれば、

そうでない人もいる。

ですので今回は、
クワドラントの話というわけではありません。

間違えない為にも、

資本主義社会において、
お金を得る方法については、

4つのフィールド(領域)
という言い方に置き換えます。

  1. Eのフィールド(従業員)
  2. Sのフィールド(個人事業主)
  3. Bのフィールド(ビジネスオーナー)
  4. Iのフィールド(投資家)

↑と、
いったん、こんな感じに領域を分類します。
(名称はそのままロバートキヨサキのクワドラントのをパクりますが(笑)

そして、それぞれのフィールドの中には、
それぞれに独自のマインド(心構え)が存在します。

独自のマインドとは、
①Eのフィールド→従業員マインド
②Sのフィールド→事業主マインド
③Bのフィールド→ビジネスマインド
④Iのフィールド→投資家マインド

と、言えます。

実は、このマインドを変化させないままに、
別のフィールドの中でお金を稼ごうとしても
けして稼ぐことはできません。

どういうことかと言うと、

たとえば、現在Eのフィールド(従業員)で
普段収入を得ている人が、
ある日、副業で稼ごうと思い、
Sのフィールド(個人事業)タイプの仕事を始めます。
(例えば行政書士資格を取って、空き時間に法律相談などで収入を得るなど)

しかし、Sのフィールド独自のマインドに
変化させないまま稼ごうとしても
けして稼ぐことはできません。

気持ち、考え方、心構えが、
Eのフィールドの従業員マインドのまま
Sのフィールドの個人事業をしようとしても
無理だということです。

つまり、

今収入を得ているフィールド以外で、
お金を稼ごうとするならば、
その違うフィールドごとのマインドに変化させていかなければ
けして稼ぐことはできないということです。

もし何か副業に取り組む時に、
このことを理解していないと、
副業をしても、上手くいかない・・・
という状態になってしまうわけです。

だけど逆に言うと、

もし、Iのフィールドで稼ごうとするならば、
投資家マインド
身に着けさえすれば、
そのフィールドできっちり結果が出る。
稼げるようになるということです。

4つのマインド(心構え)とは

そもそもマインドってなに?

よくマインドが大事と。
稼ぐためにはマインド、マインド・・・・

と、
マインド教!?かと思えるぐらい、
マインドが大事だと言われます。

マインドとは、
心構え、精神の部分。
やる気、情熱、考え方などになりますね。

これはビジネスだけでなく、
遊びでも、ダイエットでもなんでも
何か欲しい結果を得るためには、

すべては土台にあたる
「マインド」の部分が
しっかりしていなけりゃダメですよってものです。

たとえば、
目の前に誰がやっても、
同じ成果で、同じように稼げる
最高のノウハウがあったとしても、

まずは「行動」するという
気持ちがないと、
人は行動しませんよね。

当然、行動しない人は稼げない。

行動するかしないかですら
マインド次第。

めちゃくちゃ当たり前のことなのですが、
マインドって、
全ての行動に繋がるための土台になるものです。

稼ぐに特化するならば、
「稼げたらいいな~」だと、
コレって気持ち的には弱いですよね。

こんな程度の気持ちの人が
そもそも稼げるわけがありませんし、
同じ行動にしても、
行動の量すら変わってきますよね。

稼げたらいいな~よりも、
絶対に稼ぐ!稼がなければいけない!
という、気持ちの人の方が
断然行動の量そのものも多いので、
結果は火を見るよりあきらかでしょう。

信念とか、
ゆるぎない決意みたいなもの。

要するに、
マインドがなければ
何をやってもダメってことですね。

では、

ここでもう一度
4つのフィールドと、
4つのマインドについて
まとめてみます。

お金を得るフィールド(領域) フィールドの特徴 マインド(心構え)
(E)従業員のフィールド 仕組みの一部を「担当」する 従業員マインド
(S)個人事業主のフィールド 既存の仕組みを「活用」する 事業主マインド
(B)ビジネスオーナーのフィールド 仕組みを「構築」する ビジネスマインド
(I)投資家のフィールド 仕組みを「所有」する 投資家マインド

注意していただきたいのが、
この4つのフィールド、マインドには
優劣はありません。

これが良い、これが悪い、
従業員よりも投資家の方が優れているとか、
そんなことではありません。

ただ、現時点の日本においては、
昔からの教育の関係か、
従業員マインドの方が最も人口が多いです。
そして、投資家マインドが最も少ないですね。

ちなみに、
すべてのマインドは
完全に独立して存在しているわけではありません。
お互いに補完しているような関係となっています。

それでは今から、
各フィールド内における
大きく富を得る為に必要なマインドについて
述べていきましょう。

従業員のフィールド内の中でも、収入を増やせる人と増やせない人の差とは

従業員フィールドの特徴・収入アップのための従業員マインド

このフィールドの特徴は
仕組みの一部を「担当」するということ。

例えば会社従業員は、その社内において
様々な部署で、
各自やるべきことをこなしているわけです。

これはチームプレイ競技内の
プロのスポーツ選手にもいえることです。

つまり、仕組みの一部というのは、
一人一人が、
社内またはチーム、組織内を機能させる
歯車の1つであるというわけです。

能力×時間に対して、
給料が支払われますので、
能力をアップさせるか、
長い時間、その担当部署での仕事を
こなすことで一時的に収入を上げることができます。

■このフィールドの方が、
収入を得続け、
出来る限り収入を大きくあげていくためのキーワード。

・人の群れの中で一番を目指すこと(チーム内、社内)
・需要のある能力を磨くこと
・仕組みから外れないこと

■従業員マインドで必要な能力
・分析力
・協調性
・忍耐力
・アピール力

個人事業主のフィールドで他を出し抜き大きく稼ぐために必要なマインド

個人事業主フィールドの特徴・収入アップのための事業主マインド

ゼロから何かを作りだすよりも、
すでにある
既存の仕組みを「活用」するということが、
このフィールドの特徴です。

弁護士、司法書士、税理士など各種士業、
専門的な自営業。
株式、FXなどの専業トレーダー、
アフィリエイターなどが該当します。

基本的には一匹狼のマインドで、
独自の自分のルールを確立し、
人にノウハウを教えるようなことはありません。

自分の時間が最も重要であり、
コミュニケーション能力を特に磨かなくても
資本主義上では、逆にこれがメリットとなるため、
徹底した自己管理能力において
収入をあげていくことができます。

■このフィールドの方が、
収入を得続け、収入を大きくあげていくためのキーワード
・検証
・繰り返し
・俯瞰
・資源の確保とリスクヘッジ

■事業主マインドで必要な能力
・時に機械的に動けること
・集中力
・大衆心理を読み解く
・孤立する勇気
・セルフコントロール

ビジネスオーナーのフィールドで更に絶大なる収益のために必要なビジネスマインドとは

ビジネスオーナーのフィールドの特徴・収益アップのためのビジネスマインド

このフィールドの特徴は、
「仕組み」を構築するところにあります。

起業家や経営者が該当します。

レバレッジをきかせ、
様々な仕組みを組み合わせることで、
新たな仕組みを構築し、
その仕組みそのものに対しての収益を得るのが、
ビジネスオーナーのフィールドです。

■このフィールドの方が、
収入を得続け、収入を大きくあげていくためのキーワード
・市場のニーズに素早く対応すること
・仕組みを腐らせないこと

■ビジネスマインドで必要な能力
・人当たりが良い
・人にノウハウなどを惜しみなく提供
・コミュニケーション能力
・人を巻き込む力

めざすはウォーレンバフェット様!?投資家として成功するための投資家マインドとは

投資家のフィールドの特徴・収益アップのための投資家マインド

このフィールドの特徴は
仕組みを「所有」するということ。

投資家や権利保有者が該当し、
持っている資産権利に対して収益が発生する。

※事業主マインドのトレーダーとは異なります。
トレーダーも投資をしているように思われますが、
株式市場などの仕組みを活用して利益を得るだけで、
所有し続けることとは、若干ニュアンスが違うため、
分けて考えています。

■このフィールドの方が、
収益を得続け、収益を大きくあげていくためのキーワード
・投資効果の高いものを見極める
・権利を保有し続け、それを保全すること

■投資家マインドで必要な能力
・法、権利、経済のルールを知る
・人の群れの未来を読む力

副業解禁の時代・副業を成功させるために必要なこと

マインドを変えるためには

サラリーマンの人が、
本業の収入だけでは、
やっていけないし、将来も不安なので、
副業に取り組む方が増えています。

ですが、それでも、
稼げる人と、そうでない人の格差はなくなりません。

単純に、朝から夜までは
今までどうりの会社に勤め、
夜に、コンビニやナイトワークなどの
副業であった場合には、

そのまま従業員マインドのまま
仕事に励めばよいのです。

しかし、
時間を切り売りするのにも限界があります。

身体の限界、
時間の限界、
収入の限界です。

だから、より多く収入を得ようと、
インターネットでできる副業だったり、
MLMと呼ばれる、
口コミ(ネットワークビジネス)の仕事などにも
注目が集まってきています。

例えば、インターネットでできる副業と、
個人事業主としてMLMに取り組む場合は、

これ、
どのマインドにあてはまるか、
認識できますでしょうか?

答えは・・・・

ざっくり分けると、
インターネットで、一人で完結するタイプのものは、
事業主マインドで、
MLMなどのクチコミの仕事は、
ビジネスマインドになります。

つまり、
空いた時間で取り組めるであろうと判断し、
このような副業を始めようとする人が、

もし基本的な性格上で、
一人で黙々と作業をし続け、
人の群れとは外れるのが苦痛というようならば、
インターネットでのビジネスは向いていない。

それでも、インターネットのビジネスに魅力や
可能性を感じ、どうしても
欲しい結果をだしたい。

一般的なサラリーマンが
インターネットビジネスで副業と考えた場合に、
収入を大きくするためには、

人の群れとズレることをし、
何事も俯瞰して物事を見ては、
大衆心理にフォーカスしていくという
マインドが必要といったように、

事業主マインドに
少なくとも仕事中だけでも変化させないといけません。

では、従業員マインドの人が、
MLMなどのビジネスをする場合。

そもそも、人付き合いは苦手で、
コミュニケーション能力や
人を巻き込む力なんてないという人は、

まず、そこをスキルとして
身に着けていかないと成功しません。

どのようにして、
人にモノやビジネスを
クチコミ紹介していけばいいのかわからない。

ビジネス初心者で、人脈もないなら、
そこの土台から埋めていかないといけない。

というような、
一見遠回りにみえますが、
全てのビジネスにおいて、
なにごとも「土台」づくりをすることが、
実は一番の近道になります。

「急がば回れ」

というマインド、考えが重要になります。

どのような事でも、
そのことに心底気が付かないとダメなんですよね。

では、
マインドを変化させるための一番良い方法とは

それは、

・強制的に環境を変える
・人との出会い

この方法です。

マインドを変えるには、
この二つの方法以外には、
ほぼ無いと言ってもいいでしょう。

強制的に環境を変えることや、
人との出会いについては、
またの機会に述べていこうと思います。

とにかく、

資本主義社会において、
「お金のものさし」で見た世界では、
この4つのフィールドと、4つのマインドにより、
稼げるか稼げないかが決まります。